TECHNICAL【技術】

家づくりの技術と工夫

SE構法・耐震構法

JUNO HOUSEでは「耐震等級3」基準での構造計算を実施。JUNO HOUSEの取り組むSE構法において、地震・風などの自然災害にも耐えうる理想的な構造を設計するため、1棟1棟、鉄骨造やRC造と 同じ手法で構造計算をしています。

耐久性

耐久性に関わる地盤。建物は、丈夫な地盤に建築することで耐久性が保たれ、安心して暮らすことができます。JUNO HOUSEでは、建築前に全棟地盤調査を行い、必要に応じて地盤補強を実施し十分な地耐力の上に住宅を建築します。

快適性

2020年に求められている省エネルギー基準の次の基準が「ZEH基準」です。ZEHとは、高い「断熱」性能をベースに、高効率機器やHEMSによる「省エネ」、太陽光発電などによる「創エネ」を組み合わせることで、住まいの年間一次エネルギー消費量が正味おおむねゼロになる住まいです。JUNO HOUSEではZEH基準の住まいづくりにも取り組んでいます。

OMソーラー【自然エネルギー利用】 

OMソーラー事業に加盟した当初より、私たちは、住まいと自然環境・自然エネルギー利用について、先導的に取り組んでまいりました。太陽熱利用であるOMソーラーシステムの提案、自然環境を取り入れた家づくりなど、冬は暖かく・夏は涼しい家づくりを提供しています。

Design

建物デザインは、建築場所と敷地環境に関係します。JUNO HOUSEでは、その敷地条件に適した建物デザインにすることで、暮らし易さと耐久性・メンテナンス性を配慮したデザインで提供しています。

Interior design

家(住まい)はそこに暮らしがあるということ。暮らしは人が日常を過ご場所であり、様々な生活シーンがあるということです。料理をつくる・入浴する・食事をする・眠る・くつろぐ…それぞれの生活シーンを建築をとおして演出することで、「暮らしの気分が変わる」お手伝いをします。