OMソーラーのしくみは、太陽で床暖房する冬の働きが基本です。

太陽熱を集めて、蓄熱して、家全体を持続的に温めるといったパッシブソーラーシステムが中心です。

 

しくみの基本

 

 冬と夏のしくみ

冬の昼間

冬の昼間 (太陽で床暖房)

冬の冷たい外気を屋根に降り注ぐ太陽の熱や太陽光発電時に発生する熱を利用して温め、太陽電池で稼働するハンドリングボックス内の小型ファンの力を借りて床下に送ります。床下に送る途中でOMエアフォールを通過することで、清浄化された空気が床下に広がり、コンクリートに熱を蓄えながら室内を温めます。

冬の夜

冬の夜 (放熱)

夕方、外気温がさがり始める頃から、昼間蓄熱された床下の熱が、ゆっくりと放熱を始め、床を温めます。

熱の貯めかたと床暖房のしかた

熱の貯めかたと床暖房のしかた

 

夏の昼間 (排気とお湯採り)

夏の昼間

降り注ぐ太陽により熱せられた屋根の熱は室温に影響します。これを防ぐため小屋裏の夏排気口から熱を排出します。この熱はただ排出するだけでなく、貯湯槽の水を温めることに使用します。

夏の夜 (外気取り込み)

夏の夜

快晴の日の雲のない夏の夜は、放射冷却現象を利用して涼しい外気を室内に取り込みます。冷房ほどではありませんが、ほんのり涼しい夏の夜を、と考えられたパッシブデザインです。

OMソーラーは一年を通して快適に暮らすことができる、自然エネルギーを取り入れた仕組みです。1992年にOMソーラーに加盟し、県内では唯一設計・施工を実施しています。OMソーラーを宿泊体験する事ができるモデルハウスがございます、体験宿泊希望の方はお問い合わせください。

OMソーラーを詳しく